『タウンWiFi』アプリでフリーWiFiを自動接続!使い方と安全性について【2020年最新】

ポケットWiFi

公衆のフリーWiFiよく使うけど会員登録とか毎回めんどくさいよね…

たまのこ
たまのこ

みなさんこんにちは!たまのこです。

この様にお店や公衆のフリーWiFiを使いたいが、接続する度に会員登録が必要であったりどの施設にWiFiがあるかなどを確認したいと思われた事はありませんか?

そんな悩みを解決できるアプリ『タウンWiFi』を今回は紹介していきます。

 

この記事では

  • タウンWiFiの登録方法
  • タウンWiFiの機能や特徴
  • 利用するうえでの注意点

この様なテーマでお話ししていきます。

 

タウンWiFiとは?

タウンWiFiは、コンビニやカフェなど35万箇所以上のフリーのWi-Fiスポットに自動で接続してくれる無料のアプリサービスです。

簡単な設定をするだけで、面倒な会員登録などをせずに自動でアプリがWiFiを検知し接続してくれます。

また日本だけではなく海外のフリーWiFiスポットにも対応しています。

 

タウンWiFiには主にこの様な機能があります。

  • 「自動接続機能」:フリーWi-Fiを自動で繋ぐ
  • 「マップ機能」:近くで使えるWi-Fiがひと目で分かる
  • 「診断機能」:今月どれだけWi-Fiを使って通信量データを節約できたか分かる
  • 「リクエスト機能」:Wi-Fiがない施設や店舗へWi-Fi設置を依頼する
  • 「遅いWi-Fi・使えないWi-Fiに接続しない機能」

ではアプリの登録方法と実際にどの様な機能かを順番にみていきましょう。

 

登録方法

先に登録方法から順に説明していきます。

今回はiPhoneの登録方法を説明していきますが、Androidもほとんど同じなので参考にしながら手順通り進めてみてください。

 

iPhoneから登録する

Androidから登録する

 

たまのこ
たまのこ

まずアプリ取得画面に進んでアプリを入手します。

>開けば『次へ』を選択。

 

たまのこ
たまのこ

次にご自身の性別・生年月日を入力し『利用規約/プライバシーポリシーに同意して次へ』を選択。

>使い方ガイドの画面が出てきたら、確認し『次へ』

 

たまのこ
たまのこ

通知設定の画面が出てきますので、『通知を設定する』を選択。

 

するとフリーWiFi接続時の通知についてのポップアップが出てきます。

・通知が必要であれば『許可』

・必要なければ『許可しない』

 

たまのこ
たまのこ

位置情報の画面に切り替われば『位置情報取得の設定をする』を選択。

 

>位置情報についてのポップアップが出るので適応させたいものを選択。無難に『Appの使用中は許可』がおすすめ。

 

たまのこ
たまのこ

終了の画面が出るので『はじめる』を選択し開始!

 

たまのこ
たまのこ

『はじめる』を選択すると、次にWiFi自動接続設定のポップアップが出てくるので、先にこちらも済ませておきましょう!

『いますぐ設定する』を選択し進みます。

たまのこ
たまのこ

『自動接続するフリーWiFiを選ぶ』を選択。

たまのこ
たまのこ

プロファイル作成画面に切り替わるので、利用するエリアを選び使う用途にチェックを入れます。

チェックを入れたら『自動で接続するフリーWiFiを選ぶ』を選択。

たまのこ
たまのこ

次によく使いそうなWiFiにチェックを入れていきます。

後から修正もできるので、とりあえずぐらいの気持ちで入れていきましょう。

 

たまのこ
たまのこ

プロファイルのインストール手順が①〜⑥まで写真で載ってますので、手順を確認し『プロファイルをダウンロードする』を選択。

 

たまのこ
たまのこ

①〜⑥を手順通り行えば自動接続設定も完了です。

お疲れ様でした!

 

機能について

続いてそれぞれの機能について説明していきます。

機能や使い方も至ってシンプルです。

 

自動接続機能

自動接続設定をしておけば、周辺のフリーWiFiを自動で検知し接続してくれます。

自動接続は接続まで時間が掛かる事やうまく接続されない事があるので、その際はスマホ端末の設定画面よりWiFiの選択をするとスムーズに接続することができます。

 

マップ機能

マップ機能は調べたいエリアのWiFi状況を確認できます。

マップに表示されているWiFiマークを選択すると、WiFiの情報が表示されます。

『このWiFiへの接続方法』という項目を選択すれば、接続方法を画像で確認することができます。

 

診断機能

下部の「診断」を選択すると、各スポットでの通信量やWiFi率を確認することができます。

どのエリアでどの程度の量のWiFiで接続していたかを調べられます。

また「今月のWiFi率」の「内訳を見る」を選べば、どのWiFiと繋がったかも確認することが可能となってます。

 

リクエスト機能

自分が使いたいエリアでフリーWiFiがなかった際に、施設のオーナーへリクエストできる機能です。

検索窓にエリアや施設を入力し検索をかけ、該当エリアへリクエストすることでフリーWiFiが設置される可能性もあります。

 

遅いWiFi・使えないWiFiに接続しない機能

遅いWiFiや使わないWiFiを事前に接続しない設定も上記項目から簡単に行えます。

 

『接続するWiFiの最低速度を設定』の項目をONにし、矢印の項目を調整すれば自身で設定した速度以下のWiFiには接続しなくなります。

また使わないWiFiについても該当のWiFiにチェックを入れれば、以降繋がらなくなります。

 

注意点

注意点として以下のことが挙げられます。

  • 移動時も自動で繋がる
  • セキュリティが保護されていないネットワークに接続する

 

移動時も自動で繋がる

移動時も自動で繋がるため、WiFi接続や位置情報取得によりスマホの電池の消耗が早くなります。

そのため不要時はWiFiをオフにしてスマホに負担が掛からない様にする必要があります。

 

またフリーWiFiの多い環境では、移動するごとに他のWiFiをキャッチするため、いざ使いたい時に回線が切り替わってしまうことがあります。

なので、WiFi環境が多い場所での移動時にはあまり向かないと思われます。

 

セキュリティが保護されていないネットワークに接続する

公衆のフリーWiFiを利用するため、タウンWiFiアプリで自動接続できるWiFiには暗号化されていないセキュリティの低いWiFiがたくさんあります。

暗号化されていないWiFiには通信内容を盗み見されるリスクがあります。

そのため利用時にはVPN接続ができるソフトやアプリを導入して使う事をおすすめします。

 

タウンWiFiでは『WiFiプロテクトアプリ』で保護することが定番です。

ただiPhone専用アプリなので、Androidの保護方法と分けてご案内していきます。

 

WiFiプロテクトアプリの使い方(iPhone)

たまのこ
たまのこ

WiFiアシスト画面の中の『WiFi通信を保護する』を選択します。

>画面が切り替われば『WiFiプロトアプリをインストール』を選択。

 

たまのこ
たまのこ

『次へ』を選択。

>『WiFi通信を保護する』を選択。

 

たまのこ
たまのこ

保護した場合に通知の許可を希望する場合は『許可』を選択

>『保護するための設定をインストール』選択。

 

たまのこ
たまのこ

VPN構成の追加を求められるので『許可』

>パスコードを入力。

 

 

たまのこ
たまのこ

今使っているWi-Fiを保護したい場合は、『接続しているWiFiを保護する』をタップ。

>接続中のWiFiを毎回VPNで接続する場合は、『次回からこのWiFi接続時に自動保護する』をタップしてください。

 

 

Androidの設定方法

<タウンWiFiアプリの設定>

たまのこ
たまのこ

左上の『三』を押下
>『WiFi通信を保護』をタップ
>右上のスイッチをタップしてONにします。

 

たまのこ
たまのこ

通信の保護『OK』
>接続リクエスト『OK』 で完了です。

 

<端末設定からVPNを有効にする>

たまのこ
たまのこ

設定を開きます。
『ネットワークとインターネット』  >VPN
歯車のアイコン >『常時接続VPN』をタップし完了。

 

 

おわりに

面倒な会員登録や利用できるWiFi環境が分からないなどは、誰もがストレスに感じていた事だと思われます。

セキュリティ対策をしっかりと行い、利用用途に合わせて使えばとても優れたアプリケーションです。

また毎月の通信容量が気になる方はもちろんですが、不安な海外旅行時にも自動接続機能は有効なので、使い方をマスターして楽しい旅行生活を送れる様にしてみて下さい!

 

無制限使い放題!格安のおすすめ『モバイルWiFi』10社を比較・ランク付け!【2020年最新】
どんなときもWiFiが繋がらない、遅い、速度制限に掛かったなどにより解約を検討されている方も多いと思われます。無制限のモバイルWiFi(ポケットWiFi)は他にもたくさん増えてきているので、他社と比較し検討してみてください。最新の在庫状況・ランキングも掲載。

 

たまのこ
たまのこ

それでは本日も最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました