【Googleサーチコンソール】初心者でも分かる使い方と基本操作!〈2020年最新〉

その他
たまのこ
たまのこ

みなさんこんにちは!たまのこです。

ブログ運営をしている方ならGoogleサーチコンソールを導入されている方はたくさんいますよね!

でもGoogleサーチコンソールは導入しているものの、各項目ごとの意味や使い方を知らない方もいると思われます。

 

 

そこで今回はGoogleサーチコンソールの項目毎の意味や使い方をまとめてみたので、もし把握されていない方や振り返って復讐されたい方は参考にしてみてください。

 

直帰率と離脱率の違いについてはこちらを確認してください。

直帰率と離脱率の違いとは?また改善方法なども紹介【Googleアナリティクス】

 

Googleサーチコンソールとは?

先に簡単にGoogleサーチコンソールについて説明していきます。

Googleサーチコンソールとは、Googleが提供している無料で利用できるツールです。

このツールを使うと、サイトを訪問するユーザーが何のワードで検索しているのか、サイトの検索順位を下げる不具合が発生していないか、などのSEOに関わる重要事項を簡単にチェックする事ができるのです。

 

たまのこ
たまのこ

よく省略して『サチコ』と読んだりもするんだよね。

 

各項目の意味や使い方について

サマリー

Googleサーチコンソールのトップページにあたる部分です。

検索パフォーマンス、カバレッジ、拡張という順番で項目が並んでいます。

 

デフォルトで3ヶ月間の情報が表示されているので、細かい詳細を確認したい場合は、それぞれの項目ごとに確認する事が可能です。

エラーが出ている場合は、カバレッジや拡張の項目で詳細を確認しましょう。

 

検索パフォーマンス

Googleサーチコンソールを導入している方が、一番目にする画面ではないでしょうか。

  • 合計クリック数
  • 合計表示回数
  • 平均CTR(クリック率)
  • 平均掲載順位

クリック数・・・ユーザーがクリックしてサイトにアクセスした回数

表示回数・・・ユーザーの検索結果にサイトへのリンクが表示された回数

平均CTR・・・表示されたサイトのURLがクリックされた割合

平均掲載順位・・・検索結果にサイトが表示された時にサイトの最上位の掲載順位を使って算出された平均掲載順位

この4点が表示されます。日付も過去7日間など指定して検索する事ができますので、自然検索の数値を確認する事ができます。

 

URL検索

URL検査では記事が検索結果に表示(インデックス)されているかを確認することができます。

 

 

インデックス登録が終わっていれば通常はこのような画面になります。

記事を更新後にすぐに検索結果に反映させたい場合は、インデックス登録をリクエストすると比較的早くインデックス登録が可能です。

 

 

上記のように『URLがGoogleに登録されていません』と表示されると、そのURLは検索結果で表示されていないので、順位が付いていない状態です。

記事の更新直後だとすぐに反映されていない可能性はありますので、その場合は待てば反映されます。

 

ですが記事を投稿してから数日以上登録されていなければ、何かしら問題があるはずです。

その時はまず『インデックス登録をリクエスト』を送信し、インデックス登録をリクエストしましょう。

 

 

リクエストの方法は

①に該当の記事のURLを入力し検索をかける

②『インデックス登録をリクエスト』を押下

これだけで申請が可能です。

 

インデックス

カバレッジ

 

サーチコンソールのカバレッジでは、エラー記事の確認やインデックス登録されていない記事の確認が可能です。

 

エラー・・・何らかの理由によりインデックスに登録できなかったページ

警告あり・・・インデックスに登録されているが何らかの問題があるページ

有効・・・正常にインデックスに登録されているページ

除外・・・意図的にインデックスに登録していない可能性があるページ

 

そしてエラーの中で『送信された URL に noindex タグが追加されています』というエラーページ出る事があります。

noindexとは、Googleの検索エンジンにインデックスされないようにするため、意図的に指定しているページとなります。

 

なのでURLを確認し、載せなくてもいい記事であれば放置しておいても問題ないと考えられますが、掲載したい記事の場合は解除する必要があります。

 

サイトマップ

サイトマップGoogleにサイトの構造やサイトのページを正確に伝えるために登録するデータです。

 

『新しいサイトマップの追加』という項目に

/sitemap.xml
/sitemap.xml?page=1

この2点を入力し送信しておけば、後日登録されます。

 

サーチコンソールを通じてサイトマップを登録することで、Googleがより正確にWebサイトの構造を把握し、評価することができます。

 

削除

検索結果から指定の記事を削除したい場合に使用できます。

 

削除方法は『新しいリクエスト』をクリック。

 

『URLを入力』の部分に削除依頼をしたいページのURLを入力。

入力すると右下の『次へ』の項目が選択できる様になるので、『次へ』を押せば完了です。

 

拡張

速度(試験運用版)

ここではWEBページを表示する際の表示速度を見ることができます。

低速・中速・高速のURLをそれぞれ確認することができます。

 

確認方法は『レポートを開く』を選択し、詳細の項目に表示されたページを選択すると、記事のURLが表示されます。

 

 

低速で表示されたURLの記事などは、画像のサイズなどが原因でサイト自体を重たくしている可能性がある為、積極的に修正していきましょう。

 

 

因みにサイトを公開して間もない場合などは、この様に表示するデータが足りないため反映されないので、その際はPageSpeed Insightsで速度を計測してみてください。

 

PageSpeed Insightsで確認する

 

モバイルユーザビリティ

スマートフォンなどのモバイル端末でWEBサイトを閲覧したときに、モバイルユーザーが快適に閲覧できるようにフォントサイズやボタン同士の間隔などがきちんと設定されているか、確認できる機能です。

この機能を使うと、問題のあるページや問題点などを具体的に指摘してくれます。

 

 

エラーがあり修正した場合、暫くすると反映はされますが少しでも早く反映させたい場合は

・インデックスの登録

・サイトマップを送信

この2点を実施する事で速やかに検索エンジンに反映することができます。

 

パンくずリスト

続いてはパンくずリストという項目ですが、そもそもパンくずリストをご存知ですか?

 

 

パンくずリストとは上記画像に表示されている様なカテゴリーの階層の部分です。

ユーザーが今WEBサイト上のどこにいるのかを伝える事で、カテゴリーが明確になりユーザーが迷子にならずにサイトを巡回できる様にするものです。

 

またパンくずリストを設置する事で、SEO的にも効果が期待できるとも言われています。

 

 

サーチコンソール画面だとこの様に表示され、エラー・有効(警告あり)に該当がある場合は何かしらの問題がある可能性がある為、修正していく必要があると思われます。

 

たまのこ
たまのこ

パンくずリストという語源は、童話「ヘンゼルとグレーテル」の主人公の兄弟が森で迷子にならないように、通ってきた道にパンくずを置いていったエピソードが由来となっているんだよね。

 

おわりに

Googleサーチコンソールで知っておきたい項目は以上となります。

意味や使い方を知っているだけで、サイトの異常をいち早く察知し修正する事ができますので、しっかりと意味を理解し積極的に活用していきましょう。

 

もしもアフィリエイトのメリット・デメリットについてはこちら。

もしもアフィリエイトは登録するべき?評判や使い方を解説!

 

たまのこ
たまのこ

それでは本日も最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました