直帰率と離脱率の違いとは?また改善方法なども紹介【Googleアナリティクス】

その他

直帰率と離脱率って何が違うの?

たまのこ
たまのこ

みなさんこんにちは!たまのこです。

ブログを運営していくうえで導入したいツールといえば、Googleアナリティクスは定番ですよね!

でもGoogleアナリティクスって正直何をどうみていいのか分からないし、導入しているだけで放置している方も多いのではないでしょうか?

また直帰率や離脱率という項目はあるが、違いがわからないなんて方もいますよね!

 

たまのこ
たまのこ

そこで今回は下記内容をまとめてみたので参考にしてみてください。

・直帰率と離脱率の違い

・直帰率・離脱率の見方

・直帰率・離脱率は高いとダメなのか?

・改善が必要なポイント

 

直帰率とは?

そもそも直帰率とはというところです。

訪問しにきたユーザーがサイト内で1ページしか見ずに、そのままサイトからいなくなる割合を指します。

 

他のページにはいかずに「このページだけでいいや」となってしまったページという事です。

直帰率が高いとアクセス数の伸びやアフィリエイト収益などにも影響がでている可能性があります。

 

遊びに来てくれたけどすぐに帰ってしまうって事なのか。

 

離脱率とは?

離脱率とは、サイトの中でそのページを最後にみていなくなった割合を指します。

要は他のページも見たうえで、最後に離脱したページの割合です。

 

離脱率が高いページは、サイトの分かりにくさなどが原因になっている可能性があるので、積極的に改善していく必要があります。

ただページの内容によっては、離脱率が高くても問題ないページもあります。

 

直帰率と離脱率の違いは?

では直帰率と離脱率の違いを図で見ていきましょう。

直帰率は1ページだけを見て離脱した割合。
離脱率はサイト内でそのページを最後にして離脱した割合。

この様な違いがあります。

 

また直帰率と離脱率の計算方法も違います。

直帰率 = 1ページのみで離脱された数 ÷ ページのセッション
離脱率 = ページの離脱数 ÷ ページのページビュー

直帰率はセッション(訪れた回数)で計算され、離脱率はページビュー(見られたページ数)で計算されます。

 

例えば、1回の訪問で3ページを見た場合は、1セッション3ページビューとカウントされるのです。

 

直帰率・離脱率の見方

実際のGoogleアナリティクスの直帰率と離脱率の見方についてお伝えしていきます。

まずホーム画面をスクロールして一番下に進めると〈ユーザーが訪れているページは?〉という項目があります。

その下にある『ページレポート』をクリック。

するとこの様なページに移れば、直帰率・離脱率をそれぞれ確認することができます。

また一緒に平均ページ滞在時間もしっかりと確認しておきましょう。

平均ページ滞在時間を確認するポイントは後ほどお伝えします。

 

直帰率・離脱率は高いとダメなの?

まず直帰率と離脱率がそれぞれ高い原因はいくつか考えられます。

・ページが見づらい

・サイトが重たくストレスに感じられている

・導線が分かりにい

・ニーズを満たせていない

これらが原因で高くなっている場合は改善が必要になります。

 

先ほども少し伝えましたが、直帰率・離脱率は高いから必ずいけないという訳ではありません。

まず大前提としてユーザーはサイトを訪問した際に、いずれどこかのページで必ず離脱します。

問題になるのは、離脱を意図していないページでの割合が高いときは注意が必要になるのです。

 

反対にアフィリエイトリンクの多いページで直帰率・離脱率が高く成果が上がっている場合は、=購入された可能性が高いという解釈ができます。それだけその記事は価値があるという判断にいたるのです。

見分けるポイント

ではここでは改善すべき記事かどうかを見分けるポイントをお伝えします。

 

まず見るべきポイントは直帰率・離脱率平均ページ滞在時間です。

 

そして今回は3つのパターンで考えてみたいと思います。

①サイト全体の直帰率・離脱率

②アフィリエイトリンクを貼っている収益に繋げたい記事

③内部リンクを貼っていて他の記事へ誘導したい記事

 

①サイト全体の直帰率・離脱率

まず①のサイト全体の直帰率・離脱率が高い場合です。

サイトの構造にもよるので、単純に直帰率・離脱率が高いだけでは一概に悪いとは言えません。

意識すべきポイントは、直帰率・離脱率が高く平均ページ滞在時間が短い場合は、サイト自体に問題がある可能性があります。

 

たまのこ
たまのこ

その場合は、下記3項目を意識してみてください。

 

ページが見づらい

単純にページが見づらく離脱している可能性があります。

その場合はサイト全体の記事が文字だけになり過ぎていないかなどを確認し、同ジャンルで上位の記事などを参考にして修正していきましょう。

 

サイトが重たくストレスに感じられている

サイト自体が重たくなりストレスに感じ、離脱している可能性もあります。

まず自身のサイトの重さをチェックしてみて、必要であれば画像の圧縮などをしてみてください。

 

◆サイトの重さはPageSpeed Insightsで確認する事が可能ですので、確認してみてください。

 

導線が分かりにい

記事の導線が分かりづらくなり、ユーザーが困惑している事で離脱している可能性があります。

・カテゴリーはしっかりと記事のジャンル毎に作られているか

・記事のタイトルが適切なお題で書かれているか

・内部リンクで繋げたい記事に誘導できているか

このあたりを確認していきましょう。

 

②アフィリエイトリンクを貼っている収益に繋げたい記事

では続いて②のアフィリエイトリンクを貼っている収益に繋げたい記事について考えていきます。

 

②のケースだとアフィリエイトリンクをクリックさせて収益に繋げたい記事になるので、直帰率・離脱率は高くても問題ないと思われます。

いわばそのページがゴールになる訳だからです。

 

ただ問題なのは平均ページ滞在時間が記事のボリュームに対して短く、収益が発生していない場合はユーザーのニーズに合っていない可能性があります。

その場合はニーズに合った記事へリライトをしていく必要があります。

 

③内部リンクを貼っていて他の記事へ誘導したい記事

続いて③の内部リンクを貼っていて他の記事へ誘導したい記事のケースです。

 

③は別の記事に繋げたいケースになるので、直帰率・離脱率はできるだけ低い方が望ましいと考えられます。

なので③のケースで直帰率・離脱率が高いようであれば、ページ全体と同様に下記項目を改善していく必要があると思われます。

・ページが見づらい

・サイトが重たくストレスに感じられている

・導線が分かりにい

・ニーズを満たせていない

 

まとめ

以上が直帰率・離脱率のついてです。最後にまとめるとこのようになります。

・直帰率・離脱率はできるだけ低い方が望ましいがサイトの構造にもよる。

・アフィリエイトで収益を上げる記事であれば高いくても良い。

・直帰率・離脱率・平均ページ滞在時間を比較したうえで改善していく事が大切。

 

Googleアナリティクスもしっかりと使い方を理解できれば、ご自身の記事の改善点や満足されている記事などを把握する事ができます。

特に直帰率・離脱率はそのあたりを明確にしてくれるデータになっているので、上手く活用し収益化に繋げていきましょう。

 

◆おすすめのアフィリエイトサイトを知りたい方は下記サイトも確認してみてください。

もしもアフィリエイトは登録するべき?評判や使い方を解説!

◆案件の成約率を上げたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【もしもアフィリエイト】かんたんリンク・どこでもリンクの使い方を図解で説明!

 

たまのこ
たまのこ

それでは本日も最後までありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました