海鮮屋で食べる小籠包がこんなにもすごいとは。。【台湾・台北(九份)】

みなさんこんにちは!たまのこです。

 

ブログでも紹介してますが、先日台湾の九份に行ってきました。

九份には美味しいグルメがたくさんあって、見てるだけでお楽しめる空間です。

そんな九份で定番の小籠包を食べてきたのですが、少し意外な海鮮屋さんの小籠包をいただきました。

いくら台湾とはいえ、海鮮屋の小籠包ってどうなの?と思うかもしれませんが、非常に良いお店であった事は間違いないので、今回はそちらの紹介をしていきます。

www.tamagonokodomo.com

外観・店内の様子

f:id:tamagonokodomo:20200110173158j:plain

外観はこんな感じ。

店外のメニューを見ただけでも美味しそうなお寿司やお刺身が並んでます。

まあこれだけみると、「ここで小籠包?」って感じですよね。

f:id:tamagonokodomo:20200110173059j:plain
f:id:tamagonokodomo:20200110173108j:plain

店内は席数は多くありませんが、全体的に木の作りでできているのがなんとなく気に入りました。

自然を感じられ、ちょっとお洒落なお寿司屋さんに来たような感じ。

定員さんも日本語を少し話せたので、かなり日本人向けに作られているのでしょう。

まあお寿司があるので、それもそうですよね。

 

小籠包

そして気になる小籠包がこちらです。

f:id:tamagonokodomo:20200110173114j:plain

おお〜!!

見た目はかなり本格的でかなり美味しそうです。

値段:120元(約450円)

 

ではまずお一ついただいていきましょう!

 

 

味の感想

f:id:tamagonokodomo:20200110173119j:plain

味の方はめちゃくちゃ美味しいですね!!

皮は柔らかいけどもちもちしていて、中にしっかりと肉汁が詰まっています。

このように一口だけかじると、肉汁が外に吹き出すので店員さんに申し訳ない気持ちになります(汗)

ちゃんと吹き出した肉汁はすぐ拭き取りました。

f:id:tamagonokodomo:20200110173130j:plain

今度は添えてある生姜と醤油をかけていただきます。

f:id:tamagonokodomo:20200110173137j:plain

 生姜のピリッとくる辛さが小籠包の肉汁と合わさる事で、味の印象がガラッと変わり刺激のある味になります。

醤油をかけているので味自体も少し濃厚になり、食欲がより増します。

f:id:tamagonokodomo:20200110173150j:plain

レンゲに見える肉汁だけで伝わってくる、この小籠包に込められた旨味と手間が!

海鮮屋とは思えない本格的な小籠包。

 

でもやっぱり小籠包と言えば一口でガブっといっちゃいたいですよね!

そんな訳で一口でいただいちゃいましょう!

 

www.tamagonokodomo.com

ガブっと!

f:id:tamagonokodomo:20200110173124j:plain

やっぱり一口で食べる小籠包はたまりませんね!!

先ほどまでは溢れ出ていた肉汁が、今度は口に中で全て弾ける感じ。

一口噛んだ瞬間から口の中が肉汁一色になり、これほどまでに一瞬で口の中を満足させられる食べ物が他にあるだろうかと思わせる勢いだ。

 

やっぱり本場の小籠包は、海鮮屋で食べても「まじ半端ねぇーっ」と思える衝撃でしたね。

みなさんも台湾に行った際は、小籠包は是非食べてみて下さい!

 

それでは本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

また次のブログでお会いしましょう(´ω)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました